【パワプロ2020・2021】長谷川威展(金沢学院大→日本ハム) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

今回の再現選手は、左打者相手に絶対の自信を持つ奪三振マシーン・長谷川威展選手です。

パワプロ2020・2021 再現選手 長谷川威展選手1

 

パワプロ2020・2021 再現選手 長谷川威展選手2

パワナンバー:11300 72170 98824

<画像ファイル>

 

長谷川威展(はせがわたけひろ)

花咲徳栄高→金沢学院大→北海道日本ハムファイターズ(ドラフト6位)

選手について

日本ハムで似たタイプの選手:宮西尚生投手

他球団で似たタイプの選手:星野智樹投手(元西武)

 

横からの角度を生かした直球とスライダーで三振の山を築いていく変則派左腕。サイドスロー左腕ではあるがコントロールを武器に技巧を活かして抑えるというよりは、それぞれのボールのキレを活かして抑えるタイプの投手だ。

最速146km/hの速球は独特の角度から投じられるため特に左打者にとっては脅威。さらに出どころも見にくいフォームのため球速表示以上に打ちにくい球種となっている。

最大の武器はスライダー。大きく鋭く曲がる球種として空振りを奪える球種。左打者にとっては背中からストライクゾーンに入ってくるボールとなるので相当苦労するはずだ。

その結果大学通算の奪三振率は11を超えている。特に4年秋は奪三振率14点台と、「狙って三振をとれる投手」と言える成績を残した。

 

だが、この手のサイドハンドとしては制球に難があるのが弱点。四球も少なくなくボールの荒れも目立つためプロでワンポイントフォアボーラーにならないかが気がかりだ。

そういった点から元西武の星野智樹タイプのサイドスローといえるだろう。

プロでは左殺しの役割を与えられそうだが、しっかり仕事をこなせるか注目だ。

 

2021年のドラフト6位で日本ハムから指名を受ける。

左の中継ぎは数が少なく抑えておきたいポジションだった。制球さえ安定できれば長く活躍できそうな投手だ。

 

スポンサーリンク

能力について

基礎能力が低めのため青特マシマシです。その方が使いたくなりません…?

対左B:左キラーぶりから。

キレ○:大学生トップクラスの切れ味を誇るスライダーがある。

奪三振:毎シーズン奪三振率が高かった。

リリース○:この手のサイドスローにはつけたくなっちゃう

四球・乱調調子極端:調子が悪い日はかなり乱れるタイプで四球も多め。粗さを出したかった。

 

<他の指名選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

今年もドラフト指名選手再現やります!!!できる限り早く詳細な記事を書ければなと思っております ※2020年のドラフト選手一覧はこちらに載っています![sitecard subtitle=関連記事 u[…]

スポンサーリンク