【パワプロ2022】荘司康誠(立教大) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

今回の再現選手は、2022年のドラフト候補の中でも素材としての魅力はピカイチな荘司康誠選手です。

パワプロ2022 再現選手 2022荘司康誠選手1 パワプロ2022 再現選手 2022荘司康誠選手2

パワナンバー:13100 80849 55602

 

荘司康誠(しょうじこうせい)

新潟西シニア→新潟明訓高→立教大

選手について

 

搭載しているエンジンの大きさなら2022年のアマチュアトップクラスの剛腕。最速153km/hの速球は積極的に押せる球として武器になっているのはもちろんのこと、曲がりも切れ味も抜群の変化球も多数搭載している。

大化けした時のリターンが大きい好素材でありながら、現時点での完成度も決して低くない点で堂々のドラフト1位候補の選手と言われている。

 

本格的に投手転向したのは高校からとやや遅め。高校時代も県内強豪校のエースとしてチームを牽引したが、勝負所で炎上する場面が見られ甲子園出場はならず。

立教大学に進学後も故障に悩まされ1年・2年次は登板なく終わった。

 

トンネルの中でもがいていた彼の救いになったのは『DIMENSIONING.inc』のトレーナー・北川雄介氏だった。二人三脚で施術・トレーニングを重ねるうちに右肩痛を克服。

動きを改善させた副産物として球速も向上し、ケガ前は140km/h台半ばが精一杯だった球速も150km/hを超えるまでに成長。元々自信のあった変化球との相乗効果で一歩上の投手へとグレードアップしていった。

3年春は顔見せ程度の出場だったものの3年秋から素質が開花。一気に主戦級の投手として花開いている。

 

課題は制球面か。1試合平均で4つほど四死球を出しているのはやや多め。本人も課題と語っておりプロ入り後に苦しまないかがカギとなってきそう。

右肩痛・足の攣りといった故障歴の多さも気がかりだ。

 

それでも「スケール感と完成度の合計点」という観点では今年のドラフト屈指と言っても過言ではない。即戦力投手を狙う投手は上位で指名してくるだろう。

 

スポンサーリンク

能力について

ノビB:かなりホップ成分の強い直球を投げるため。

キレ○:どの球種もかなり曲がっていた。変化球で三振とるケースも多く感じた。

球持ち○:出どころの見にくいフォームから。

クイックF:クイックタイム1.45秒は(NPB基準では)遅め

乱調調子極端:制球の課題っぽい要素。好投しててもいきなり崩れる点があることから。

ケガF:ここまでの故障歴の多さ。

 

<他のドラフト候補選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

2022年のドラフト候補選手で作成した再現選手をまとめました!ドラフト前の資料などにお使いください。 高校生山田陽翔(近江高・投手)松尾汐恩(大阪桐蔭高・捕手)イヒネ・イツア(誉高・遊撃手)[…]

スポンサーリンク