【パワプロ2022】山田健太(立教大) パワナンバー【再現選手】

 

こんにちは。

今回の再現選手は、大阪桐蔭黄金世代の一員でもある「打てる内野手」枠の筆頭である山田健太選手です。

パワプロ2022 再現選手 2022山田健太選手1 パワプロ2022 再現選手 2022山田健太選手2

パワナンバー:13900 30869 56082

<画像ファイル>

 

山田健太(やまだけんた)

東海ボーイズ→大阪桐蔭高→立教大

選手について

 

抜群のバットコントロールで強烈なライナーを放つ、2022年の「打てる内野手」枠の二塁手。高校時代はあの根尾・藤原・柿木・横川を擁した黄金時代の大阪桐蔭の一員だった。

ヒットゾーンが広く逆方向にも巧みに打球を飛ばせる。変化球に対しての対応力が高く、通算7本塁打と決して長打力に欠けているわけでもないため、1年目からある程度以上の打撃成績が期待できるタイプの選手に思われる。

 

高校時代からその打撃力は健在であり、1年秋から三塁のレギュラーの座を掴むと4期連続甲子園出場チームの中核選手として大いに活躍。クリーンアップこそ他の選手に譲ったものの、打力の高いセカンドとして下位で睨みを効かせる役割を果たした。

この時期から注目するスカウトは存在していたものの高校時点ではプロ志望届は提出せず、進学の道を選んだ。

 

高校での実績からかなりの期待度を持って立教大学に入学。すると1年春からスタメンに定着し、いきなり2季連続で打率3割台の好成績を叩き出す鮮烈なデビューを果たした。

その後しばらくは低迷した時期もあったものの3年春から復活。今年の春は6三振に対して12四球と大幅に選球眼を改善させ、バットコントロールとともに出塁能力も身につけてきている。

 

課題となるのは内野手としてのスピード感か。50m6秒3はNPBの二塁手として見るとやや遅めであり、守備も悪くはないが売りになる程でもないのが現状だ。

プロで二塁手としてやっていくか他ポジションでの勝負になるかで価値が変わってくる選手といえそうだ。

 

それでもDeNAの牧選手のように打力優位型の二塁手も昨今のプロ野球では出てきている。そうでなくともこの手の選手は三塁・両翼で起用できるポテンシャルはあるため、プロ入り後も打撃でアピールできるかが楽しみ。

 

スポンサーリンク

能力について

流し打ち:動画参照、めっちゃ上手い。

ラインドライブ:芯をとらえた打球でライナー性のものが多く感じられたため。

選球眼:4年春で劇的に良化したので期待も込めて。

併殺:イメージ。足が早くなく右の強打者なので

 

<他のドラフト候補選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

2022年のドラフト候補選手で作成した再現選手をまとめました!ドラフト前の資料などにお使いください。 高校生山田陽翔(近江高・投手)松尾汐恩(大阪桐蔭高・捕手)イヒネ・イツア(誉高・遊撃手)[…]

スポンサーリンク