【パワプロ2022】2008大場翔太(ソフトバンク) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。この記事は『パラレル転生選手』キャンペーンの一環となります。

関連記事

こんにちは。今作も再現選手をゆるりと作っていく予定ですが、最初のテーマとして”パラレル転生選手”を作成していこうと思っております。 概要今回作成していく『パラレル転生選手』は、主に・若手時代から活躍した[…]

IMG

今回の再現選手は、奪三振ショーを見せつけて大器の覚醒を予感させていた大場翔太選手です。

パワプロ2022 再現選手 2008大場翔太選手1 パワプロ2022 再現選手 2008大場翔太選手2

パワナンバー:13300 70232 68864

 

大場翔太(17)

八千代松蔭高→東洋大→福岡ソフトバンクホークス(2008〜2015)→中日ドラゴンズ(2016)

<再現年度:2008年> 13登板 35敗 78回 73奪三振 5.42

<パラレル再現テーマ> もし初登板の鮮烈なデビューの勢いを後年も持続していたら?

 

選手について

大学時代は敵なしでアマチュアNo. 1投手だった奪三振マシーン

プロでも大きく期待されたものの、発言も含めたメンタル面やコントロールの甘さにより大成できずに終わってしまった。

 

大学時代は4年秋に東都リーグ最多(当時)の115奪三振を達成したり日本選手権でも2完封するなど、格の違いを見せつけていた。当然プロ球団が見過ごすはずもなく、ドラフト前の大きな目玉に。

争奪戦の結果、2007年のドラフトにて6球団競合にてソフトバンクに入団。

プロ初登板の楽天戦ではいきなり無四球完封勝利を達成。しかも同年4月には1試合16奪三振をも記録している。ここまでの華やかな実績から、将来のNPBを背負って立つエース候補と感じた者も少なくなかったはずだ。

 

しかし、登板を重ねるにつれて「連打を打たれた時の精神面のもろさ」「不調時の四球の多さ」「一発病」など様々な問題が表面化。化けの皮が剥がれるかのようにシーズン途中から結果を残せなくなり、最終的には防御率5点台まで悪化してしまった。

これらの課題は翌年以降も改善されなかったため、いつしか期待はずれの烙印を押されるようになってしまう。

 

それでも2011年にはロングリリーフで7勝を挙げるなど統一球下の2年間はまずまずの成績を残し、優勝にも貢献した。だが2013年に再度ボールの反発係数が変更された後は再び精彩を欠き、激化する投手陣競争の中で埋もれていった。

2015年オフに中日に移籍するも復活はならず、2016年限りで現役引退。

現在はYouTuberとなっているとのこと。

YouTube

ハローYouTube!!野球の知識や経験をYouTubeを通して発信し、皆様のレベルアップ・スキルアップに少しでも…

 

スポンサーリンク

能力について

尻上がり:13登板で2完封。波に乗れれば強い。

奪三振:16奪三振のイメージが強すぎたため。奪三振率は8.42なので「あっても問題はないよね」感で。

打たれ強さF・ランナー×:当時から課題視されていた打たれると止まらない弱点から。

ノビF:体の開きが早いため打者目線では速度を感じにくかったらしい。

軽い球・一発:被本塁打率1.62。打たれすぎ。

乱調:崩れる時に大量失点しがちなため。

四球四球率3.46。この年に関しては付けなくていいと思います

フライボールピッチャー:被弾率を上げつつ球威も確保したかったので付けてみました。フライアウト率38.5%、ゴロアウト率25.7%

調子極端:波が激しすぎた。

スポンサーリンク