【パワプロ2020・2021】丸山和郁(明治大→ヤクルト) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

今回の再現選手は、センターを守れる俊足と広い守備範囲が武器の韋駄天・丸山和郁選手です。

パワプロ2020・2021 再現選手 丸山和郁選手1

パワプロ2020・2021 再現選手 丸山和郁選手2

パワナンバー:11300 12039 91969

<画像ファイル>

 

丸山和郁(まるやまかずや)

前橋育英高→明治大→東京ヤクルトスワローズ(ドラフト2位)

 

選手について

ヤクルトで似たタイプの選手:山崎晃大朗選手・青木宣親選手

他球団で似たタイプの選手:重信慎之介選手(巨人)

 

抜群の俊足をベースにした身体能力の高さで勝負する外野手甲子園時代に1大会8盗塁を決めたことから盗塁技術も秀逸な選手。

もともと投手との二刀流をこなしており、肩の故障こそあったものの依然として強肩も持ち合わせている。また守備範囲の評価も高い。

これらのことからプロ入り後も中堅手として勝負できる能力の持ち主と言えるだろう。

打撃は長打こそ少ないものの徐々に成長の兆しを見せており、4年の春には.357を記録しベストナインに輝いた。内野安打を稼げるタイプでもある。

 

ただ、この手の俊足巧打タイプの選手にしては三振が多く四球が少ないのは大きな課題になってくるだろう。三振と四球の割合を見ても、三振が四球の3倍近くある。

ヒットメーカーとしては多少の課題も残るが、うまく育てばプロで1番センターを任せられる選手になれるはずだ。

 

2021年のドラフト2位でヤクルトから指名を受ける。

ポスト青木の最有力候補として期待がかかる。打撃が改善されれば外野のレギュラーは目の前なはずだ。

スポンサーリンク

能力について

ミート:迷ったけど同タイプの五十幡選手が1年目からそこそこ打ててるので気持ち高めにしました。

盗塁B:速さも技術も抜群。甲子園での実績もある。

流し打ち:逆方向に打つのは上手いように見えた。

内野安打○:1塁到達3秒台を叩き出せる。

三振:俊足巧打タイプにしては三振率が高いため。

 

<他の指名選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

今年もドラフト指名選手再現やります!!!できる限り早く詳細な記事を書ければなと思っております ※2020年のドラフト選手一覧はこちらに載っています![sitecard subtitle=関連記事 u[…]

スポンサーリンク