【パワプロ2020・2021】野口智哉(関西大→オリックス) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

今回の再現選手は、フルスイングが身上の打撃と、強肩が武器の守備の両方で魅せる強打の遊撃手・野口智哉選手です。

パワプロ2020・2021 再現選手 野口智哉選手1

パワプロ2020・2021 再現選手 野口智哉選手2

パワナンバー:11500 82017 87076

<画像ファイル>

 

野口智哉(のぐちともや)

鳴門渦潮高→関西大→オリックス・バファローズ(ドラフト2位)

選手について

遠投120m・最速146km/hの強肩で打者走者をことごとくアウトに追い込み、打撃ではフルスイングからの高打率で柔剛の両方を持った大型内野手

遊撃だけでなく三塁や外野なども守れるため、「大型遊撃手」としても「強肩強打の野手」としても期待できる選手。

大きく足を上げる打撃フォームから粗い打者に感じられるかもしれないが、大学では4年春までの6シーズン中で5度三割を打っている。対応力もある選手だ。

守備でも肩だけでなく、50m6秒0の俊足も兼ね備えているため遊撃を守っていても見劣りしない身体能力を持つ。遊撃守備自体はまだ名手とはいかないレベルと言われているが、練習次第で克服できるだけのポテンシャルは秘めている。

 

その一方で、打率こそ安定しているものの「打撃スタイルの割にHRは少なめ」「通算三振率が20%超えし、最近さらに増えている」など不安要素もちらほら聞こえる。

プロに入って遊撃を守れるのか、プロでどれだけ早く打撃で結果を残せそうかで指名順位が大きく変わるタイプの選手かもしれない。

今年の大学ナンバーワン遊撃枠である彼はどの順位で指名されるのか要注目だ。

スポンサーリンク

能力について

流し打ち:フルスイングの割に逆方向打ちも上手い。

ヘッドスライディング:一塁到達時にたまにやるっぽい

対左F:映像では左腕の真っ直ぐや外スラに対応できていない姿が散見された。

三振:三振率高め。不安材料の一つとも…

 

<他の選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

今まで作成した再現選手はこちらに載せてあります。 ■2020年にドラフト指名された選手はこちらから![sitecard subtitle=関連記事 url=https://clt-pawamas[…]

サクセス起動画面

 

スポンサーリンク