【パワプロ2020】1999柳田聖人(ダイエー) パワナンバー【再現選手】

こんにちは。

今回の再現選手は、内野全ポジションを守れる守備力と勝負強い打撃でチームを支えたいぶし銀の柳田聖人選手です。

 

パワプロ2020 再現選手 1999柳田聖人選手1

パワプロ2020 再現選手 1999柳田聖人選手2

 

パワナンバー:11700 81250 09630

<画像ファイル>

 

柳田聖人(4)

延岡工業高→福岡ダイエーホークス(1988〜1993)→ヤクルトスワローズ(1994〜1995)→福岡ダイエーホークス(1996〜2001)

<再現年度:1999年> 121試合 .265(336-89) 1本 29打点 OPS.623

 

選手について

90年代のダイエーを支えた「やなぎた」といえばこの人。豪快なプレースタイルが売りの柳田悠岐選手とは異なり、こちらの柳田選手は内野の全てを守れる守備力・バントと粘りが持ち味の業師

 

1987年オフに南海に入団。3年目の1990年に一軍初出場を果たすも、当時のダイエーには守備型内野手が多く存在しており彼らの牙城を崩すには至らず。

1度目の転機は1994年のヤクルトへのトレード。この年に初の50試合以上の出場を果たし、野村監督からバイプレイヤーとして期待される存在に成長。

2度目の転機はダイエーへの復帰。ヤクルトで緻密な野球を学んだ彼は貴重な内野のサブ選手として出場機会を一気に増やす。

絶対的なレギュラーとしては半歩足りないものの、内野に穴ができた時は必ず一定以上の活躍をして埋められる選手に。1997年から3年連続で100試合以上の出場を果たす。

 

今回の再現年度である1999年は、彼にとって自己最高のシーズン。浜名選手との併用で二塁を守ったり、小久保選手が一塁や指名打者に回る試合の三塁手を務めた。100打席以上立ったシーズンでは自己最高の打率をマークし優勝に貢献。

だが翌年は極度の不振に陥り準レギュラーの座から脱落してしまった。2001年限りで引退し、現在はスポーツオーソリティに勤務。

 

スポンサーリンク

能力について

チャンスB得点圏打率.338

バント○:20犠打

粘り打ち378打席立ってわずか28三振しかしていない。

盗塁F盗塁成功率.375(8-3)。他の年は.700超えているのでFで

 

<他の選手はこちらからどうぞ!>

関連記事

今まで作成した再現選手はこちらに載せてあります。 ■2020年にドラフト指名された選手はこちらから![sitecard subtitle=関連記事 url=https://clt-pawamas[…]

サクセス起動画面
関連記事

こんにちは。以前から作っていた1999年福岡ダイエーホークスを作成したので、この記事で公開したいと思います! 未公開の選手記事はチームをアップし次第随時更新していく予定です。 パワナン[…]

1999年ダイエーホークス メンバー

 

スポンサーリンク